スクリーンショット 2018-08-16 15.57.33_edited.png

社交ダンスってどんなの???

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
実は社交ダンスにはさまざまな種類のダンスがあり、
現在日本で一般的に踊られているだけでも全部でなんと10種類もあるんです!

南の国を思わせる情熱的でリズミカルな『ラテンアメリカン』が5種目
ヨーロッパの宮廷舞踏をイメージさせる優雅な『スタンダード』が5種目

それぞれの種目ごとに異なったステップ、リズム、テクニックがありますので
10種目全てを踊るためには少し時間をかけた練習やレッスンを必要とします。
大変に思うかもしれませんが、この奥深さこそダンス愛好家の皆さんが
社交ダンスを長く楽しまれている理由の一つなのではないでしょうか♪

また10種目以外にも、より踊りやすく親しみやすい
『パーティーダンス』というものも広く踊られています。
マンボ、ブルース、ジルバなど比較的ステップも簡単で初心者の方でも
1〜2時間のレッスンで踊れるようになりますヨ(^^)
ダンス未経験の方にはこちらからチャレンジしてみるのがオススメ!
手軽にダンスの楽しさに触れる事ができます☆

《ラテンアメリカン 5種目》

ルンバ
キューバ発祥のダンス。
ゆったりとしたリズムで男女の愛の駆け引きが表現されている。
チャチャチャ
マンボを起源とし3歩リズミカルに足を踏み鳴らすステップが多用されている。
その音が名前の由来と言われている。
サンバ
ブラジルのサンバをイメージしたもの。
膝の伸縮を利用し全身をバネのように揺らす運動が特徴。
パソドブレ
スペインの闘牛をモチーフとしている。
怒りや戦いを表現するなどとてもドラマティックなダンス。
ジャイブ
ロックンロールなどの曲で踊る非常にリズミカルなダンス。
キックしたりジャンプしたり5種目の中で最も激しく動く。

《スタンダード 5種目》

ワルツ
スタンダードの中でも代表的なダンス。
3拍子の優雅なリズムに合わせて2人でクルクルと回りながら踊ります。

タンゴ
アルゼンチン・タンゴが欧州に伝わり洗練されたもの。
スタンダードの中で1番情熱的な種目です。
スタッカートで強いリズムが特徴的。
スローフォックストロット
キツネの小走りという名前の通りしなやかな動きが特徴。
流れるような音楽に合わせ伸びやかに踊ります。
上級者を見ているとまるでシルクの布が風に舞うようです。
クイックステップ
ジャズやスイングなど軽快な曲に合わせて踊ります。
リズムも軽やかで跳んだり跳ねたりするステップもある楽しいダンスです。

ヴェニーズワルツ
世界的に社交ダンスと言えばこのダンス。
舞踏会で行われるイメージの軽やかなワルツ。
映画などでもたまに見かけることがあります。

《パーティーダンス》

ジルバ
ジャイブと同じ音楽で踊られる。
ラテン種目特有のリズミカルな運動を感じるのに最適。
初心者の方のラテン種目デビューにオススメ。
ブルース
スローフォックストロットと同じ音楽で踊られる。ゆったりとしたリズムでステップもシンプル。
初心者の方のスタンダード種目デビューにオススメ。